【Fukkyの独り言…】【SRIXON】REVO CZ98Dをダブルスでフルに3セット使ってみて分かったこと…

ラフィノの冨貴塚です。

月例の木曜会テニスをNEWマイラケットで参加!
80a0144e-5757-44fa-abcb-cb514eae038e
(撮影者は太田です…照明がど真ん中(笑))
ちょっと見づらいかもしれませんが【SRIXON】REVO CZ98Dです!

2時間で4人、ダブルスを時間まで行うのが定例。
実はラケットを新調してからは初の全力テニス(汗)

・軽量でも打ち負けない
・軽量だからこそしっかりと最後まで振り続けられる…etc

実際に全力でプレーをしてみてどうなのか、
いろいろ体感してきましたので、まとめてみたいと思います!

やはり軽量であるがゆえに最後までしっかりと振り切れていたかなと思います。
後半ちょっと疲れてきたときでも自分から振らないといいボールは打てません(汗)
実際、サーブが後半抜け始め「頑張れ!自分!」と思いながら打っていました(笑)
しっかり振り切れさえすれば、スイングスピードが上がるのでショット的には良かったと思います。

至近距離でのボレーボレー戦でもこの軽さは取り回しのよさに繋がるので、
かなり細かく対応できます。
しっかりと打点にラケットを持っていくことが出来れば、打ち負けるような印象も無く、
ボレーヤーの方にもお薦めできるなと感じます。

今回使って分かったこと…
スイング系のショットはしっかり自分から打たないといけません…。
ボレーも合わせるというよりはしっかりと押し込んで持っていったほうがいい感じ。
かなりハードにダブルスをしましたが、全体的に打ち負けるような印象はないということ。
(もちろん、振り遅れたりスイートスポットを外すと打ち負けます(汗))

個人的なイメージですが…
「軽いラケットは楽に打てて、簡単に飛ぶ」
そんなイメージを持っていましたが、このREVO CZシリーズは、
しっかり振り切らないとちゃんと飛んでくれないということが改めて分かりました。
なので、「軽いラケット=簡単なラケット」では無いということを体感。
なにせ、プレー後半でも降り続けないといけないわけですから…(汗)

軽量ラケットというとつい「楽にテニスできるでしょ?」「軽いのは使えない!」
そんな先入観がありますが、まだまだ軽量ラケットも進化してきていることを実感。

REVO CZ98Dを使い込みながら、新しい発見をお伝えしていきたいなと思います!
賛否両論あると思いますが、参考にしていただければと思います。

ちょっと興味の出てきた方は【SRIXON】REVO CZシリーズをお試しいただければと思います。
↓↓↓
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gr1990

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中