【BRIDGESTONE】新作ラケットのコンセプトは「打ちやすい!」「BEAM OSシリーズ」の秘密に迫る!!

ラフィノの冨貴塚です。

先日【BRIDGESTONE】の新作ラケット「BEAM OSシリーズの」取材へと秩父へimg_0521

NEWモデルとなる「BEAM OSシリーズ」のコンセプトについて詳しく教えたいただいたのは、X-BLADEシリーズを初代から手掛けるNoatake氏!0130_02.jpg

「BEAM OS」の「OS」はオーバーサイズの略!
オーバーサイズで楽に打てる!というのはなんとなくわかるのですが、
コンセプトは「打ちやすいラケット」ということ…
一言に「打ちやすい」と言っても人によって様々ですよねぇ…。
そんな気になるところを事細かく伺ってまいりました~!

飛ぶようにするためには硬くなってしまうし、といってもしなり過ぎたら飛ばないし…
ただ飛ぶだけだとコントロールしずらくなるけど、飛ばないと大変だし…
考えれば考えるほど、何がなんやらわからなくなってきて変な質問もちょこちょこありますが、そこらへんはご愛嬌で…(笑)

ということで、詳しくはNotake氏のインタビュー動画でご覧くださいませ♪
↓↓↓

およそ2000人のデータ解析して38%のプレーヤーが「打ちやすい」と感じられるスペックを考え抜いた「BEAM OS」
「打ちやすい」と感じられるのには理にかなった絶妙なバランスが必要なわけですねぇ♪

…改めてその細かい配慮、こだわりに驚きの連発でした!

もちろん、スイングスピードやスイングフォームによってはX-BLADEシリーズに適合する方も多々いらっしゃると思いますが、
「38%が打ちやすいと感じる」という数字はあまり軽視できないのではないかと…。
気になる方はまずラケットの詳細を要チェックです!
↓↓↓
【BRIDGESTONE】「BEAM OSシリーズ」スペック詳細はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/beam-os

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中