【Fukkyの独り言…】しっくりこないと気になってしまうグリップの太さ…調整できるオススメ商品!

ラフィノの冨貴塚です。

ラケットをお買い上げいただく時にグリップサイズを選びます。
標準はグリップサイズ2をお薦めしており、手の小さい方やジュニアには細いグリップ1を、
手の大きい方にはグリップ3をという感じのご案内が一般的かと思っています。
(まぁ、キャリアのある方からすれば「使う方の好み」だったりもするのですが…)

しかし、いざ使ってみるとリプレイスメントグリップの種類によって、太く感じたり、細く感じたり…
お買い上げいただいた後にご相談いただくケースも多々あります。
リプレイスメントグリップを交換する方法はもちろんですが、オーバーテープによっても微調整が可能だったり♪

とにかく、グリップテープの厚みが気になる方は…
【Kimony】ハイソフトEX極薄グリップテープ3本入り KGT133
巻いてみると分かりますが、本当に薄いです!厚みはなんと0.33mm!!
(通常のオーバーテープが0.5mm~0.7mmのものが多いので)
太くなるのを避けるために、リプレイスメントグリップをそのまま使っている方にもオススメ!

反対にこれは…
【Kimony】倍厚ウェットグリップテープ KGT103
「倍厚」という名前の通り分厚いオーバーグリップ!厚みは1.00mm!!
…ホント分厚くこれならグリップを握った時に出来る微妙な隙間を埋めてくれます♪

気になると気になってしまうグリップテープの太さ…
微調整をするという意味では手軽に巻き替えられるオーバーテープで調整していくのもアリかと!
グリップが安定すると自然とショットも安定するということにも繋がってきますので、
気になる方はグリップテープの厚みなんかも気にしてみるといいかもしれませんね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中