【Fukkyの独り言…】あくまで比較してみれば…シリーズの中では…っていうお話なんですよね~

ラフィノの冨貴塚です。

久しぶりに【SRIXON】REVO CX2.0の登場!

気分転換にまたしなるホールドする感じを味わいたくなりまして( ̄▽ ̄)
王道ボックスフレームのREVO CX2.0はまさにピッタリなのです♪

普段使っている【MIZUNO】FTOUR300はラウンド形状で弾く要素の強いラケットではありますが、フェイス部のホールド感が強く感じられる印象。
【SRIXON】REVO CX2.0はフレーム自体(シャフト部)のしなりがあり、ホールドする印象。
どちらもホールドする印象ではありますが、使ってみると全然印象が違います!
ここら辺は好き嫌いがわかれると思いますので、ぜひお試しいただきたいと思います(^^♪

改めて思う最近のラケットの傾向…
「中厚ラウンド系の反発力のありそうなラケットにホールド感をプラス!」
「薄いボックス系のホールド感強そうなモデルにパワーをプラス!」

…とはいえ、やっぱり比較してみればラウンド系の方が飛ぶし、ボックス系の方がホールドします。
あくまで、「既存のモデルと比較して」とか「シリーズの中で」という意味。

ベースとして、「自分のラケットへのニーズがどうなのか…」
「飛んでほしい」、「ホールドしてほしい」、「振り回したい」…etc。
いろいろなニーズがあると思います。

新作のラケットが出るということは当然、既存のモデルに何かをプラスアルファして登場します。
しかし、見失ってしまってはいけないのが、ラケットの根本。
「ボックス系はしなりやすく、コントロール性が高い。」
「ラウンド系は弾きやすく、パワーがある。」
あくまでも、このお話を前提にプラスアルファというお話。
どちらにもメリットがあり、そのメリットを自分の好みに合わせて選ぶというのが大事♪

なんて言いながら、どっちも捨てがたく迷走を続ける私( ̄▽ ̄)

適度にパワーがありコントロールしやすい【MIZUNO】FTOUR300
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/ftour

しなり、ホールド感を感じつつ、適度なパワーがある【SRXION】REVO CX2.0
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gr2129

個人的なお話&最近のラケットをみて思うことでした。
やっぱりラケットも進化し続けているんだなぁと実感する今日この頃です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中