【Babolat】適正って?飛び過ぎをコントロールするには??まだまだ知らないことがいっぱい!

ラフィノの冨貴塚です。

このシリーズはたくさんのお問い合わせをいただいており、大好評♪
ということは皆様も興味があるということで、なんか私も嬉しいです( ̄▽ ̄)

「元祖ガットメーカー目線のガット選び」の動画!
Mr.Babolatこと大塚氏による詳細な解説がとても分かりやすく、
「改めて納得!」「へ~!そうなんだ!!」ということまで♪
今回の公開でVol3になります!
この手のお話は始めると長くなるのは私だけではないと一安心(笑)

まずはリコメンドテンション…ラケットに記載されている適正テンション。ラケットに書いてあるということはラケットの適正テンションということ…
…実際には使う人に対しての適正であることが大事なんですよね~

そして、よくお問い合わせでもいただく「飛び過ぎ」問題!
弾いて飛ぶ!打球感がクリア!スピンがかかる!
ということで、細ゲージをお薦めしがちですが、実はここにも落とし穴…
中厚系のフレームで弾きがあるところにのっかってしまうと、実は弾きすぎて制御しずらいというケースも…
飛び過ぎを抑えるということでは耐久性とは別にホールド感や打球感の柔らかさを出すためにあえてゲージを太くするのもアリ!
(…実は私も飛び過ぎをコントロールできないので、耐久性とは別に1.30mmを使うことがほとんど)

そして、ハイブリッドのお話に突入するのですが、
(よくあるポリエステルとナチュラルのハイブリッドのお話)今回も私が知らなかった内容も出てきて、私自身動画を見ながら「へ~!そうなんだ~!!」なんて思っていました( ̄▽ ̄)

ということで、「元祖ガットメーカー目線のガット選び」Vol.3をご覧くださいませ!

このシリーズの動画公開とともに開始したナチュラルキャンペーンも7月末まで継続中!
natural_cp.jpg

この機会にぜひぜひナチュラルのフィーリングを!
そして、セッティングに対しての知識、体験も深めていきましょう!

【Babolat】ストリング一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gut-16

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中