【Fukkyの独り言…】スピンに特化したモデルを比較!?【SRIXON】REVO CV3.0【Babolat】PureAero2019年モデル

ラフィノの冨貴塚です。

人気モデルの新製品だけあって、注目が集まっていますね~
【Babolat】PureAero2019年モデル!
スピンに特化したモデルということで、これでもかとスピンがかかるセッティングで撮影したダブルスも好評ですね( ̄▽ ̄)

ということで、パッと思いついたのですが同じスピンと言っても使用感の違うイメージがある【SRIXON】REVO CV3.0(変幻派)

(なんとなく色合いも似ていますね( ̄▽ ̄))

弾いて引っかかる感じのPureAero
中厚系の中ではしなりがあり、ホールド時間でスピンをかけるREVO CV3.0
PureAeroは先日の撮影でも打っていたので、REVO CV3.0は最近ご無沙汰だったので…張り替えて勝手に使ってみました(笑)

一言に「スピン」と言っても印象はだいぶ違うと思います。
弾くフレームの硬さと引っかかる感覚でスピンがかかる感じの強いPureAero
打った感じでは中厚系らしいフレームの硬さがあり、ホールド感の部分はフェイス部で確保している感じですね。

逆にREVO CV3.0の方はしなるホールド感の強さが強く感じられますので、ラケット自体しなりでホールド感を感じられる印象。
PureAeroと比較すると打球感的には柔らかく感じるので、イメージとしてはひっかけて持ち上げるというよりも押し出す感覚の中で「押し上げる」感じでスピンをかける感じになります。

どちらもスピンをかける、弾道を上げるという感じになるのですが、使った感じはだいぶ変わってきます。
…よく「どっちがスピンがかかりますか?」と聞かれますが、スイングフォームによって選んでもらう感じがいいと思います。
比較的、上方向に振るイメージが強い方にはPureAero
前方向に振り出すけど、スピンも欲しいという方にはREVO CV3.0
というようなイメージで使い分けていただくとラケットの特性を表現しやすいかと…。

「良い悪い」というよりは「合う合わない」という感覚の中でチョイスして、
自分のプレーパフォーマンスアップに繋げていきましょう!

【Babolat】PureAero2019年モデル
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/pureaero2019

【SRIXON】REVO CV3.0
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/SRIXONracket/gd10833

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中