軽量スペックのメリットを改めて実感!【DUNLOP】CX200LS&CX400インプレ(ボレー&サーブ編)

ラフィノの冨貴塚です。

【DUNLOP】CX200LS&CX400インプレの後編となるボレー&サーブ編!
軽量スペックというとちょっと注目度が下がってしまうのですが、
今回のCXシリーズに関しては想像を超えてお問い合わせが多いのです!

軽量スペックならではの操作性はボレーの時に最も実感できるのかも♪
ラケットのバージョンアップとともに創世のメリットでしっかり打点に入ることができるので、打ち負けるような心配はありません!
・よりホールド感を欲するのであればCX200LSを!
・パワーアシストを求めるのであればCX400を!
軽量スペックではありますが、どちらにも共通して言えるのは【DUNLOP】らしい【SRIXON】らしい柔らかい打球感を実感!

サーブに関しては前作の「CX2.0LS」「CX4.0」よりも少しトップ寄りにスペック変更があるので、自然とヘッドが走るパワーアシストもあり、かなり振り抜きの良さを実感!

15gほどではありますが、軽量になることでしっかりと振り続けることにメリットがある軽量スペック。
もちろん、振り続けられるのであれば重い方が良いというのはありますが、後半に疲労感で減速してしまうようなことがあるのであれば、敢えてダウンサイジングすることでパフォーマンスアップというメリットもあります!

…個人的にはちょっと軽い方がいいのかなぁと思うことがしょっちゅうなのですが、何となく打球感的に重めのラケットが好きだったり…相変わらず迷ったりしています( ̄▽ ̄;)

それにしても、【DUNLOP】CXシリーズの撮影はとてもスムーズ♪
(…早朝撮影なので、けっこう大変なことになることもしばしば…(笑))
個人的に好きな系統のラケットということもありますが( ̄▽ ̄)撮影がスムーズ=扱いやすい…(笑)そんな印象になりました♪

予約受付中!【DUNLOP】CXシリーズはこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gr2276

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中