【Wilson】「Sラケ」Burn100Sでサーブのスピード&回転量をトラックマンで計測!

ラフィノの冨貴塚です。

昨年末に撮影しました【Wilson】「回転×Burn」検証インプレ♪ラケットはBurn100Sを使用して、トラックマンで計測!Burn100Sはスピン性能に特化した「Sラケ」と呼ばれるストリングパターンを採用したモデル。
今回はその回転量をサーブで計測しようということ!
テーマは…「バーンで攻めサーブ~置きにいくサーブはもう打たない~」

緊張している場面で当てて入れるサーブではなく、しっかりと振って攻めていける2ndサーブを!
回転がしっかりと掛かればその分長短のコントロールも安定します。
そのための回転量をトラックマンにて計測ということです!
今回は他社のモデルとも比較ということでこんな結果になりました!!

総合的に見れば違った見え方もしますし、使用感の好き嫌いはあると思います。
一言にコンセプトも「スピン」といっても感覚的な差もあります。
大事なのは元々スピンをかけるスイングをしていれば、そのスピン性能をしっかりとアシストしてくれるということ。
また、「回転をかけるのが苦手」「回転のかかる感覚を実感したい」というニーズには
このBurn100Sはぜひ一度使ってほしい一本だと思います!

ストローク、サーブでの跳ねる系統のスピンはもちろんですが、
ボレーや滑るようなスライス系のショットにもアシストは期待できます!

今回新たに発売となる新色のBurn100Sは日本限定カラーとなります!
そして、継続発売されているモデルと合わせて全3色展開中!
カラーリングの好みも合わせてご検討いただければと思います♪

商品詳細はこちらから!
【Wilson】「Sラケ」シリーズ!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/spin_effect

【Wilson】ラケット一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/ra-21

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中