【DUNLOP】CX200をカスタマイズ!レザーグリップとシンセティックグリップの差を検証!

ラフィノの冨貴塚です。

本日はフェローズさんにて早朝インプレ!

今回は皆様待望の近藤コーチが登場します!
(「30Pです♪」のフレーズでお馴染みですね( ̄▽ ̄))

今回は【DUNLOP】CX200のグリップをカスタマイズしてその違いを検証!
通常のシンセティックグリップは純正のまま。
もう一つはレザーグリップに交換して、その差を検証!
レザーグリップは【Babolat】ナチュラルグリップを使用!
↓↓↓

http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gd11628

レザーに変えることによってスペックにも差が出ます…。
振ったときの感覚、操作性に差は出てきますし、レザーグリップにすることによってグリップのカチッとした感触になるのもポイント♪
…完全に私の私用ラケットと同じ状態なのですが(笑)

そして、インプレと共にキャンペーンの告知も準備♪詳細はまた後日!お楽しみに♪

【DUNLOP】CXシリーズ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gr2276

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中