振動吸収素材「VDM」が搭載された【YONEX】VCOREPROシリーズ(2019年モデル)発売開始!

ラフィノの冨貴塚です。

「まだですか~??」とお問い合わせを多数いただいておりましたが、
やっと発売になりました!

【YONEX】VCOREPROシリーズ(2019年モデル)です!

今作ではグリップ部に新たに搭載された「VDM」がまた秀逸でして♪
動画内でも高石コーチ、根本コーチとともに実験で盛り上がりました(笑)
(Morimori君の説明そっちのけでした( ̄▽ ̄))

そして、ダブルス編では何かが起こりそうで何も起こらないといういつものパターン(;・∀・)序盤はMorimori君も絶好調だったんだけどな~(笑)

「グリップにVDMが入っただけでしょ~…」って思っていましたが、けっこう使用感には違いが出そうな感じになっております♪
ハードヒッター向けのVCOREPROですが、その分強振した時に負担が出やすいというのもありますが、
その点を「VDM」が抑えてくれるというのはプレーヤーにとっても大きなメリットになることでしょう(^^♪

ご予約いただいているお客様へは週明けから出荷を開始する形となります!
お手元への到着まで今しばらくお待ちくださいませ♪

もちろん、店頭にも入荷してきておりますので、興味のある方はスタッフまでお気軽にお声がけください!

【YONEX】VCOREPROシリーズ(2019年モデル)
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gr2357

振動吸収素材「VDM」が搭載された【YONEX】VCOREPROシリーズ(2019年モデル)発売開始!」への3件のフィードバック

  1. はじめまして。毎日YouTubeを楽しんでみています。
    フッキーさんの主観でよいので教えていただけたら嬉しいです。
    私はアエロプロドライブ2013の打感が忘れられず、ずっと使ってきましたが、年齢も増し振り抜きの良いラケットが欲しくなっているところです。
    vcore100とvcore pro100(最新モデル)と迷っているのですが、中厚のわりに反発が小さいといわれるvcoreとボックスのわりに反発がよいといわれるvcore proとどちらのほうがアシストが強いのか。振り抜きの差はどうなのか。vcore proは柔らかいと言われてますがアエロプロドライブのように一瞬つかむ感覚はあるのかな?といろいろ考えています。近隣にデモ機もないので 完全な主観でよいので教えていただけないでしょうか。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • コメントありがとうございます。
      個人的な意見ではありますが、ラケットの特性としてスピンコンセプトを持ち、反発力(ラケット自体のパワー)があるという意味でイメージに近いのはVCORE100になると思います。
      ボックスフレームの中ではパワーがあるという表現のVCOREPROですが、中厚系のフレームなどと比べるとどうしてもアシスト面では劣りますし、
      ラケット自体の特徴としてもスピン系(高い弾道)というよりはフラットドライブ系(低い弾道)の要素が強くなってくると思います。
      VCORE、VCOREPROのどちらもアエロプロドライブと比べるとホールド感の面ではメリットはあると思いますが、VCOREPROだとラケット自体のしなり感もかなり強くなりますので、
      個人的にお薦めするとすればVCORE100がいいかなと思います。
      以上、かなり個人的な意見も含んだご案内ではありますが、参考にしていただければ幸いです。
      引き続き、今後ともよろしくお願い致します。

      • 早速のご返事ありがとうございます。
        一番聞きたいことがわかりました!
        感謝です(^^♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中