【Fukkyの独り言…】こだわってみましょう♪ラケットと身体を繋ぐ大事な部分…グリップテープの種類、交換時期!

ラフィノの冨貴塚です。

ラケットと身体を繋ぐ大事な部分がグリップ。
手と直接触れるグリップテープにはこだわってほしいと思います!
種類としては大きく分けて「ウェット」と「ドライ」の2種類。
【Kimony】のグリップテープでは…
ウェットタイプの「ハイソフトEX」
ドライタイプの「ラストドライ」

メーカーの担当の方から分かりやすい説明付きの画像を頂きまして♪

一般的にはウェットタイプが多いですが、汗をかきやすい夏場にはドライタイプも活躍します。
…けっこう使ったことがないとか、そういったグリップが知られていないというのもあるので、お店にも掲示していきたいと思います♪

さらに!
「そのグリップいつ巻き替えた??」
このPOPもとても重要なことを伝えてくれてますね!
使い続けてしまうと気が付かないという方もいらっしゃるようですが、
グリップテープは使い続けていくことで、その性能は落ちてしまい、快適にプレーとはいかなくなってしまいます…
さらには衛生面でもあまりお薦めはできない状況になってしまいますので、
気になったらこまめに交換をするのがお薦めです!
こちらのPOPもお店で掲示させていただこうかと♪

個人的にはホワイトのグリップにしておくと汚れを目安に交換時期も分かりやすいと思います!
汚れが目立つというのはありますが、そのデメリットを逆手にとってこまめに変えるように心がけましょう!!

グリップの種類としてはウェットタイプが定番とされていますが、
汗が気になるという方にはドライタイプも試してほしいと思います!
【kimony】のラストドライは耐久性面では表面剥離をしにくいですし、
握り始めもサラッとし過ぎないので、初めてドライを使う方にもお薦めです♪

実際に試してみないと分からないこともありますので、興味のある方はいろいろ試してみましょう!
こまめに交換するために3本入りなどまとめて購入できるの使用するのお薦めです♪

ウェットタイプ【kimony】ハイソフトEX
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/ac-1/gd12756

ドライタイプ【kimony】ラストドライグリップ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/ac-1/gd12072

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中