【Fukkyの独り言…】グリップの厚み…数字的には僅かでも実際に使ってみるとその差はしっかりと分かるもの!

ラフィノの冨貴塚です。

先日ご紹介しておりました【TOALSON】クイックドライグリップ!

ウェットタイプタイプのグリップでありながら手汗をかいても滑りにくいという特徴を持つこれからの時期に重宝するお薦めのグリップテープです!

ちょっとお店でご相談を頂いたことなのですが、グリップテープの厚さ…クイックドライグリップの「厚みは0.5mm」もう一つ、【TOALSON】からはアスタリスタグリップというのがあるのですが、こちらは「厚みが0.7mm」

「厚みの差としては0.2mm」という僅かな差なのですが、実際に握ってみるとこの差はかなり大きく、ちょっとグリップサイズを調整したいという方にはこういった部分も細かく見て見るといいかなと思います!

アスタリスタグリップは純粋にウェットタイプのグリップで、さらにもう一つウェットタイプでは「厚さが0.5mmのウルトラグリップ」というロングセラーのグリップもあります。

グリップ自体の性能特徴というのはありますが、この厚みというのも一つの特徴になってきます。

身体とラケットを繋ぐグリップ部なので、細かい部分ではありますが「ちょっとしっくりこない…」という方はいろいろ試して自分のイメージに合うグリップを見つけてみましょう!

【TOALSON】グリップテープ一覧 http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gr2462

【グリップテープ】オーバーテープ一覧はこちらからhttp://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/ac-1

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中