タグ別アーカイブ: グリップテープ

【kimony】ラストドライグリップに待望の10本入りが発売に!

ラフィノの冨貴塚です。

夏場、手汗が気になるという方へ特にお勧めをしているグリップテープ!
【kimony】ラストドライグリップ!12072_2_expand.jpg (600×515)

ドライグリップの中でもかなりの耐久性と吸汗性を持つラストドライグリップですが、純粋にこのちょっと厚めの感触が好きというお声も♪
やはりグリップは巻きたての感触が一番で適度なタイミングでの交換が大事!
繰り返しこまめに巻き替えるという点では大容量のタイプのご要望をいただいておりましたが、ついに発売となりました!

カラーバリエーションも現在発売になっている全カラーで10本入りが展開♪
こまめなグリップテープの交換はパフォーマンスの面ではもちろんですが、
ラケットが滑って抜けてしまうなどの不意の事故の防止にも…

まだ試したことのない方は1本入り、3本入りもありますので♪
詳細はこちらから!

【kimony】ラストドライグリップ
1本入り
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gd12071

3本入り
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gd12072

10本入り
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gd13607

【Fukkyの独り言…】久しぶりにプライベートテニスの予定が出来たので…ちゃんとグリップ巻き替えました!

ラフィノの冨貴塚です。

お天気の兼ね合いもありまして、最近すっかりプライベートのテニスがご無沙汰の状況( ̄▽ ̄;)
ちなみに…「しょっちゅうテニスしてますよね!」って言われますが、
ほとんどがインプレ収録であることがほとんどで私のマイラケットは何だったのか忘れてしまいそうなレベルです(笑)

とはいえ、久しぶりにテニスの予定が出来ましたので、ラケットを準備していたら、グリップテープが巻いてからだいぶ時間が経ってしまっていたのでお巻き替え~♪
長いこと私が愛用しているBOWBRANDのグリップテープです♪
ちょっと厚め生地感と汗をかいても滑りにくいので個人的に好きな感触なんです(^^♪

ウェットタイプでも汗をかいても滑りにくいといえば、
【TOALSON】クイックドライもお薦め!

クイックドライの方が生地感的には薄めになり、ウェット感も強いイメージ♪
…この感触で汗でも滑らないって結構すごいのです!
メーカー在庫が欠品しておりましたが、再入荷しております!!

汗がどうにも気になるということであればドライグリップがお薦めになりますし、いろいろ使ってみて自分の感覚に合うグリップを選んでくださいね♪

気温と湿度の関係で汗が気になる時期なので、グリップテープの交換はこまめに行いましょう!
…うっかり滑ってラケットが~Σ(・□・;)
なんてことがあると本当にショックなので( ̄▽ ̄;)

【BOWBRAND】グリップテープ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/bow-griptape-062201

【TOALSON】クイックドライグリップ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/ac-1/gd13338

グリップテープ一覧はこちらから
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/ac-1

【Fukkyの独り言…】こだわってみましょう♪ラケットと身体を繋ぐ大事な部分…グリップテープの種類、交換時期!

ラフィノの冨貴塚です。

ラケットと身体を繋ぐ大事な部分がグリップ。
手と直接触れるグリップテープにはこだわってほしいと思います!
種類としては大きく分けて「ウェット」と「ドライ」の2種類。
【Kimony】のグリップテープでは…
ウェットタイプの「ハイソフトEX」
ドライタイプの「ラストドライ」

メーカーの担当の方から分かりやすい説明付きの画像を頂きまして♪

一般的にはウェットタイプが多いですが、汗をかきやすい夏場にはドライタイプも活躍します。
…けっこう使ったことがないとか、そういったグリップが知られていないというのもあるので、お店にも掲示していきたいと思います♪

さらに!
「そのグリップいつ巻き替えた??」
このPOPもとても重要なことを伝えてくれてますね!
使い続けてしまうと気が付かないという方もいらっしゃるようですが、
グリップテープは使い続けていくことで、その性能は落ちてしまい、快適にプレーとはいかなくなってしまいます…
さらには衛生面でもあまりお薦めはできない状況になってしまいますので、
気になったらこまめに交換をするのがお薦めです!
こちらのPOPもお店で掲示させていただこうかと♪

個人的にはホワイトのグリップにしておくと汚れを目安に交換時期も分かりやすいと思います!
汚れが目立つというのはありますが、そのデメリットを逆手にとってこまめに変えるように心がけましょう!!

グリップの種類としてはウェットタイプが定番とされていますが、
汗が気になるという方にはドライタイプも試してほしいと思います!
【kimony】のラストドライは耐久性面では表面剥離をしにくいですし、
握り始めもサラッとし過ぎないので、初めてドライを使う方にもお薦めです♪

実際に試してみないと分からないこともありますので、興味のある方はいろいろ試してみましょう!
こまめに交換するために3本入りなどまとめて購入できるの使用するのお薦めです♪

ウェットタイプ【kimony】ハイソフトEX
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/ac-1/gd12756

ドライタイプ【kimony】ラストドライグリップ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/ac-1/gd12072

ウェットだけど吸汗性の強い【TOALSON】クイックドライと定番ドライの【Kimony】ネオドライを比べてみた!

ラフィノの冨貴塚です。

先日のナイターテニスにて!
【DUNLOP】のストリングをテストしておりましたが、
貴重なテニスの機会なので一緒にグリップテープの方もテスト!

勝手に比較してみたかったので、先日巻いてみた
ウェットグリップなのに吸汗性に優れる【TOALSON】クイックドライ

ドライグリップの定番で人気のある【Kimony】ネオドライ
これから汗が気になる季節になったので、どれくらいの違いがあるのか好みが分かれるところかなと思い、勝手に比較検証( ̄▽ ̄)

当日は気温はそこまでではありませんでしたが、
ちょっと動けばそれなりに…というよりはT-シャツはバッチリ重くなるくらいの汗が(;・∀・)
もちろん、手にも汗をかくわけでタオルでゲーム間に拭いたりするレベル。

その中でも定番ドライの【Kimony】ネオドライはしっかりと汗を吸ってくれて安心のフィット感!
巻き始めはドライ特有のさらっとしたイメージはありますが、極端にサラサラではないので初めてドライに挑戦する方にも良いのかなと思います♪

そして、気になっていた【TOALSON】クイックドライ
巻いた時に感じたのは「え…ただのウェットグリップじゃん!」って感じでした(笑)
しかし、実際にプレーをしてる間に感じたのは…
「ウェットなのに汗をかいた時に感じるヌルっとし感じがあまりしない!」
これはある意味すごいことなのではないかと!
「ドライのさらっとした感じが苦手で…でも汗が気になって…」
そんなお話も耳にしていたので、そういったニーズにも応えられるお薦め品!

純粋に汗をかくから滑らないようにしたいのであればドライグリップがいいですが、普段ウェットグリップを使っていてその使用感をあまり変えずに汗を滑りを抑えるということであればニーズはありますね♪
人によって好みも分かれるところではありますし、実際には使ってみて判断して欲しいと思うのですが、
夏時期に汗が気になってしまってはせっかくのテニスの楽しみも半減…
快適にプレーができるようにイメージに合うグリップを使っていきましょう!

ご紹介しているグリップテープはこちら!
↓↓↓(1本入り以外に3本入りもあります♪)
【TOALSON】クイックドライグリップ1本入り
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gd13337

【Kimony】ネオドライグリップ1本入り
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gd12757

ウェットなのに吸汗性に優れている!?【TOALSON】クイックドライグリップを巻いてみましたよ!

ラフィノの冨貴塚です。

少し前に取り扱いをスタートした【TOALSON】クイックドライグリップ!
名前を見ると「ドライタイプのグリップ」に見えてしまいますが、
実は思いっきり「ウェットタイプのグリップ」なんです!


なので、ウェットタイプなのにしっかりと汗を吸ってくれるグリップということで、どんな感じなんかと思い、とりあえず巻いてみました!

うん!たしかに一般的な「ウェットタイプ」のグリップテープです。
厚さは0.5mmということで比較的薄めでグリップの角も出やすい感じで、しっとりというよりはペタッとしたウェット感の強いイメージ。

比較のためにドライグリップ【Kimony】ネオドライも巻いてみましたが…
この2種類は明らかにウェットタイプとドライタイプという感じで見た目にも、触った感じにも違いがあります!

あとは実際に使ってみて各々がどれくらい違うのか…。
オンコートでのプレーも徐々にできるようになってきますし、また後日ご紹介させていただきます♪

ご紹介しているグリップテープはこちら!
↓↓↓(1本入り以外に3本入りもあります♪)
【TOALSON】クイックドライグリップ1本入り
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gd13337

【Kimony】ネオドライグリップ1本入り
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gd12757

高耐久ドライグリップ!【Kimony】ラストドライグリップに新色が追加ラインナップ♪

ラフィノの冨貴塚です。

緊急事態宣言も解除!徐々にテニスをする機会も増えてくるかと思います♪
そして、久しぶりにテニスをされる方も多いのではないでしょうか…!?
ガットの張替えはもちろんですが、グリップテープはどうなっていますか??

使ってなくても時間と共にグリップの性能は劣化してしまいます…。
さらに、季節的には梅雨に向かい、気温湿度共に上昇!
手汗も気になる季節となり、うっかり滑ってラケットが…Σ(・□・;)
なんてことにもなりかねません!

もちろん、ウェットタイプのペタッとした感触でフィットさせるのも大事ですが、手汗の気になるこれからの季節にはドライグリップがお薦め!
そして、高耐久ドライグリップとしてご好評いただいているのがこちら!

【Kimony】ラストドライグリップです♪

ちょっと厚めの生地感と表面の剥離が少なく耐久性面でも安心感があります♪
さらにこのラストドライから新色が追加されました~(^^♪

レッド、ブルー、イエローの3色が追加となり、全6色展開となります!
カラーバリエーションが豊富なのはラケットに合わせていくという意味で嬉しいですね♪
そうそう!「高耐久」といっても適度なタイミングで交換をお忘れなく!

店頭にはすでに入荷してきており、通販でも取り扱いを開始しております!
せっかくテニスができるようになったわけですし、快適な状態でプレーができるように準備をしっかりとしておきましょう!!

高耐久ドライグリップ!
【Kimony】ラストドライグリップ1本入り
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gd12071

【Kimony】ラストドライグリップ3本入り
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gd12072

【TOALSON】QUICK DRY GRIP(クイックドライグリップ)の取り扱いを開始!

ラフィノの冨貴塚です。

新たに取り扱いを開始ましたグリップテープのご紹介!
【TOALSON】QUICK DRY GRIP(クイックドライグリップ)です♪
ちょっと前の展示会で紹介いただいていたのですが、ちょっとタイミングを逃してしまい、今になってしまいました( ̄▽ ̄;)

このクイックドライグリップはウェットタイプですが、吸汗性にも優れているとのこと!
展示会で触らせてもらった感じでは明らかにウェットタイプですが、
グリップテープのサンプルに水を垂らしてグリップがその水を吸い込んでいく実験を見てきました♪
通常のウェットタイプだと、汗をかいた時にヌルっと滑るような感じがしてしまうことが多いのですが、このクイックドライは吸汗性に優れているというバランスの取れた感じになるわけですね♪

実はお店のお客様でドライグリップの感触が苦手だけど、ウェットグリップだとどうしても滑ってしまう…
そんな声がありまして、店頭では一足先に展開していたのを通販でもお買い求めいただけるようになりました!
…まだ自粛ムードでなかなかテニスをする機会が少ないとは思いますが、
夏場に向けてこのクイックドライがまた注目されそうな予感がします( ̄▽ ̄)
…個人的にもちょっと使ってみたいなと思いますので、また使った際にはご紹介していきます!

【TOALSON】QUICK DRY GRIP(クイックドライグリップ)
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/ac-1/gd13337

もちろん、グリップテープにはかなり好みがあると思っているので、
いろいろ使ってみて自分の感覚に合うグリップを見つけてくださいね♪

グリップテープ一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/ac-1

【Fukkyの独り言…】握り比べをしてほしい!イメージに合うのはどれだ!?

ラフィノの冨貴塚です。

ラケットと身体を繋げているのはグリップの部分。
直接接触しているのは巻いてあるオーバーテープになります。
使い込んでしまったグリップテープは滑りやすくなってしまい、
しっかりと握っているつもりが、打球時には手の中でグリップが回ってしまうなんてこともありますので、こまめにグリップテープは交換してほしい!

とはいえ、グリップテープもいろいろ種類があるわけで、
「ウェット」「ドライ」だけでなくその中間だったり…
こだわれる部分はいろいろあるのです!

いろいろなお問い合わせをいただくのですが、
正直「これが良い!」というのは好みでもあるので、ぜひ一度実際に試してみて判断してほしいと思います♪
勝手にお薦めしているのは【Kimony】の定番3機種!

・ウェットタイプの「ハイソフトEX」
・ドライタイプの「ネオドライ」
・同じドライでもちょっと厚みがありウェット感もある「ラストドライ」

この3つはけっこう違いが分かりやすいので、お好みが分かれると思います♪
そうすれば、自分が使いやすいと思えるグリップの種類が体感できるはず!

「寒く乾燥する冬なのでウェットタイプを…」
なんて思っていても、実は「インドアなので汗だくなんです~( ̄▽ ̄;)」
なんていうパターンもありますので、お使いになる方のイメージに合わせるのが大事!
…1本入りであれば1つ¥300-(税別)なので、とりあえず3種類かって握り比べしてみるのもいいと思います♪
皆様もぜひ実際に使って体感してみましょう~(^^♪

【Kimony】商品一覧はこちらから
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/kimony

【Fukkyの独り言】通販ガット張替えサービスにてキャンペーンを実施中!

ラフィノの冨貴塚です。

オンコートにて先日チェックしておりましたグリップテープですが…

【Kimony】ハイソフトEXとネオドライの2機種をチェック♪

・ペタッと吸い付くウェット感バッチリのハイソフトEX
・ドライタイプですが、適度にしっとりもしているので使いやすいネオドライ
こちらのグリップテープを通販ガット張替えサービスをご利用のお客様に特典としてお選びいただけるキャンペーンを実施中!

「張り立て+巻き立て」のベストな状態で快適なプレーを♪
せっかくお張替えをしたのであれば、グリップテープも巻き替えてキレイな状態で使ってほしいのです!!

通販ガット張替えサービスといえば、「デリ張りーバッグ」をお使いいただく「エコ割」も♪
【《デリ張りーバッグ》での通販テニスガット張替サービス専用】張り替え工賃(張り代)、別途ストリングを購入してください。

気温も下がってきて、ボールが飛ばないと感じるケースも増えてきます…
そのまま無理して使い続けると、ケガの原因にもなりますので
この機会に是非お張替え+グリップテープのお巻き替えを!

通販ガット張替えサービス詳細はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/harikae-service

【Fukkyの独り言…】【blueeq】さんから届いた「秘密の箱」とか、【DUNLOP】SXシリーズインプレ収録とか♪

ラフィノの冨貴塚です。

撮影したいものがいろいろありまして、気合でいっぺんにいきました( ̄▽ ̄)
ということで、開店前からお外で撮影から始まりました!
オンコートの撮影なので、いろいろ荷物があるので好評受付中の【blueeq】のハイブリッドバッグで♪

オンコートについてからはまず【blueeq】さんから届いた「秘密の小箱」
中身は…気になるけどまた後日にしましょう( ̄▽ ̄)
(…明けても大変なことにはなりませんのでご安心ください(笑))

【blueeq】バッグ一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/blueeq

それ以外にもグリップテープのチェックをしたり、サンプルのガットを打ってみたり…

この辺りも後日細かくご紹介させていただきますのでお楽しみに(^^♪

午後はフェローズさんに移動してこちらもオンコートインプレ収録!

ラケットは先日プロの初打ちを収録しておりました【DUNLOP】SXシリーズ!

…実はその時には細かい機能性の説明をしていなかったので、
【フェローズ】近藤コーチと共に詳細を伺いつつ、オンコートでインプレ収録です♪
(あ…平川さんの顔にモザイクがかかったみたいになってしまった( ̄▽ ̄;))

SXシリーズのコンセプトである「スピン」
じっくりと打ってみると改めてそのスピン性能というか、弾道のコントロール性を実感♪
近藤コーチとのインプレ動画もまた後日ご紹介させていただきます(^^♪

【DUNLOP】SXシリーズ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gr2366