タグ別アーカイブ: グリップテープ

【Fukkyの独り言…】暖かくなってきてグリップテープの種類を変更する方が急増!?

ラフィノの冨貴塚です。

グリップテープはこまめに巻き替えていますか!?
汗をかいたり、汚れてしまってはその性能発揮しなくなってしまいます…。
ラケットと体を結びつける部分ですので常にいい状態にしていただきたい!

グリップテープには大きく分けて「ドライ」と「ウェット」の2種類!
写真左の【LUXILON】エリートドライはその名の通り、ドライグリップ!
写真右の【Wilson】プロオーバーグリップはウェットグリップ。

さらっとしていて手に多く汗をかく方にはドライグリップ!
ペタっと手にフィットする感覚が欲しい方はウェットグリップ!

一般的にはウェットタイプの方が種類が多く、お使いいただく方も多いのですが、暖かくなってきて汗が気になってくるこの時期にはドライグリップの需要も増えてきます!
そんな中、取り扱いを開始した【Kimony】ラストドライグリップに注目が!
括りとしてはドライグリップになるのですが、極端にさらっとしているわけではないので、ドライグリップの握り始めの苦手な方にもお薦め!
ちょっと厚めの生地感(0.68mm)は握った時にも柔らかく感じ、一番のポイントはその耐久性!
ドライグリップは汗を吸ってくれるのですが、それが乾いてしまうと硬くなってしまったり表面の剥離が気になるのですが、このラストドライグリップは耐久性面でも非常に強いのです!

グリップテープの種類は非常に豊富なので、ぜひいろいろ試して自分のイメージに合うものをチョイスしてください!
興味のある方は1本入りでいろいろ試して握った感触や耐久性を確認してみてください♪

【Wilson】プロオーバーグリップ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/ac-1/gd10318

【LUXILON】エリートドライグリップ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/ac-1/gd9612

【Kimony】ラストドライグリップ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/ac-1/gd12071

グリップテープ一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/ac-1

【DUNLOP】CX200を純正シンセティックグリップとレザーグリップで比較してみた!

ラフィノの冨貴塚です。

先日、早朝にフェローズ新浦安校にて撮影を行いましたインプレ!

皆様待望の近藤コーチにもご協力いただきました♪(30Pでお馴染みでございますね( ̄▽ ̄))

お題は…
【DUNLOP】CX200を純正シンセティックグリップとレザーグリップで比較!

レザーグリップに変えることでスペックに差が出ることをご存知の方は多いでしょう!こんな感じの差になります!

個体差のないラケットをご用意していただき、レザーグリップに変更したところ、重量は8g増、バランスは5mm手元寄り(トップライト)になりました!

しかし、スイングウェイトに差は出ない…
ということは、振ったときにはそこまで差を感じないはず…
でも、重量とバランスが…etc…
いろいろな想像がグルグルと頭をめぐりますが、実際に打ってみてその使用感をお伝えしていきます!
直らなかって寝癖をいじられまくっておりますが…笑って許してください(笑)
近藤コーチの30Pインプレもぜひご覧くださいませ~♪

CXシリーズの柔らかいフィーリングはそのままに、レザーグリップ特有のカチッとした握り心地はなんか心地いい感じ♪
個人的にもレザーグリップの感触が好きなので、興味のある方はぜひ試していただきたいなと思います(^^♪

ということで!
動画後半でもご紹介しておりますが…CXシリーズをお買い上げいただくと
「【Babolat】ナチュラルグリップを先着24名様にプレゼント!」致します♪

さらに!日本同時購入の場合には…
ナチュラルグリップを2つ!もしくはダンロップ12本入りのラケットのバッグのどちらかをお選びいただけます!
ご購入を検討いただいている方はこの機会にぜひ!
(キャンペーンは3/1からスタートします~)
詳細は商品ページでチェック!
【DUNLOP】CXシリーズ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gr2276

【Fukkyの独り言】気になった時が交換のタイミング!

ラフィノの冨貴塚です。

昨年末に手のひらに血豆ができてしまうということがありまして…
(一応テニス歴20年ほどなのですがここまでは初めて…)

それ以来グリップの状況にちょっと過敏に( ̄▽ ̄;)
「せっかくプレーをするならいい状態で!」と思っているので、ちょっと気になった時にはさっさと巻き替えてしまっています♪

個人的にお薦めしているのは【BOWBRAND】!
ちょっと厚めの感触でしっかりと握れる感じが好き♪
この時期乾燥していることが多いので、ウェット感が強い方が良いという方には【Wilson】プロオーバーグリップ!
少し滑るかなと思って時には素早く交換!
あと、なるべく「白」を使うようにしています。
理由は単純で…「汚れたら変えたくなるから(笑)」です♪
「白は汚れが目立つから…」とよく伺いますが、目立たないだけで実際には汚れてるんですよね(;^_^A
いっそ目立ってくれれば交換の目安としてもわかりやすいと思います!

夏場は汗で滑るというお話をよく聞きますが、冬場は乾燥で滑るということもあります。
よく使えば当然擦れたり、汚れたり…。その状態で使うと必要以上にグリップを強く握ることになるので、結果的にいろいろ負担にになってしまうこともあるのです。
グリップテープは体とラケットを繋ぐ部分ですのでとても重要!
見た目だけでなくパフォーマンスにも影響しますし、手にかかる負担も変わります!!

「ちょっともったいないかな…」という気持ちも分からなくはないのですが、
ご自身である程度の目安を作って、しっかりと交換して快適なプレー状況を作っていきましょう!
「上手に巻けない!」という方はお張り替えの際にお巻替えも承りますので、お気軽にお申し付けください♪

【BOWBRAND】
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/bow-griptape-062201

【Wilson】プロオーバーグリップ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/ac-1/gd3189

グリップテープ一覧
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/ac-1

【Fukkyの独り言】リプレイスメントグリップで調整できる感覚!

ラフィノの冨貴塚です。

先日ご相談いただいた内容に…
「グリップが太い感じがして…細くできませんか?」
グリップサイズを太くするということに関しては少しグリップが丸くなって角が出にくくなりますが、オーバーテープを重ねて巻くという方法があります。
しかし、グリップサイズは細くすることはなかなかできません…
方法の一つとしてご提案しているのがリプレイスメントグリップの交換!

お薦めしているのがこちら!
【Babolat】SKIN FEEL(スキンフィール)です!

1サイズとまではいきませんが、イメージ的にはグリップサイズが0.5くらい細くなる感じです。
ジュニアや女性の方でグリップサイズ1でも太く感じてしまう方にもお薦めしていたりします。

巻きあげてみるとこんな感じ♪
…写真で見た感じではあまり分からないかもしれませんが、
グリップ自体の厚みが薄いので、グリップの角がよりはっきり出てくれるのもいいところ♪
グリップサイズの違和感やこだわりのある方は試してみる価値ありです!

ちなみに!
オーバーテープは交換されているかと思いますが、リプレイスメントグリップも使っていくと段々と潰れて細くなってしまうのです…。
(レザーグリップはほとんど変わりませんが…)
ちょっと気になっている方は適度なタイミングで交換してみるといいかと♪
オーバーテープと比べるとちょっと巻きにくいということもありますので、
当店の方でもお巻替えは承りますので、ご希望の場合にはその旨お伝えください!

リプレイスメントグリップ一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/ac-2

オーバーテープもご一緒に!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/ac-1

【Fukkyの独り言】新年初打ちはキレイなグリップテープで!

ラフィノの冨貴塚です。

2019年の営業開始から3日が経ちまして。
すでに初打ちをしている方もたくさんいらっしゃると思います♪
気持ち良くプレーをするためにお張替えというのはもちろんですが、
ラケットと体を繋ぐグリップテープは大丈夫ですか??

年始の初打ちをした時に「アレ?」って思った方もいらっしゃるはず!
気温が低く、乾燥している冬はウェットタイプのグリップも知らぬうちに乾燥してしまっているかも!?
…そういえば、年末の打ち納めでマメができて大変なことになった私…。
(思いっきりマメができまして…(´;ω;`))
そのままだということを思い出し、初打ちに向けてグリップだけでも巻き替えておこうと思い立ちました(笑)
個人的にお気に入りで愛用している【BOWBRAND】です!BowBrand(ボウブランド) ウェット3本巻き BOW003

ということで、いつ初打ちのお誘いが来ても大丈夫なように準備完了!
…多分、水曜日かな(笑)
せっかくプレーをするなら快適な状態で!
こまめにグリップを巻き替えることで、しっかりと握れてパフォーマンスアップ♪
プレー前に確認してみてくださいね~(^^♪

グリップテープ一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/ac-1

【Fukkyの独り言…】巻き慣れていないと意外と分かり辛かったり…

ラフィノの冨貴塚です。

グリップテープはざっくり分けると、「ウェット」「ドライ」の2種類に分かれます。
エリートドライグリップ(ドライ)(写真左)
ボウブランド(ウェット)(写真右)
(よく私が勝手にお薦めしているグリップテープです)

主にウェットタイプを使っている方が多いと思いますが、
今年の夏は異常な暑さということもあり、ドライプリッグに変更される方もけっこう多かったですね!

巻き方について、お客様からご意見をいただいたのでちょっとご紹介!
ウェットタイプであれば、フィルムが付いている方が表になりますね。
両面テープもついているので、そこをグリップエンドに固定してあげれば表裏を間違えることも少ないと思います。

そして、ドライグリップなのですが…
エリートドライグリップに関して、ちょっと(だいぶ)前にもご紹介しておりましたが、改めて…
中身はこんな感じです。

そして、肝心の表と裏ですが…
エリートドライグリップはスタート部に両面テープがあるのでこちらが裏になります。フィルムがある方が裏になります。
表面は、
ちょっとざらついたような感じの方が表になります。

エリートドライグリップは目印となる両面テープを見ていただければわかりやすいのですが…
トーナグリップに関しては巻き始めの部分に両面テープがなく、カットもされていないので、ちょっとわかり辛かったり…(汗)
ドライグリップのポイントは汗をしっかりと吸ってくれる部分なので、表面は少しざらついています。
ちゃんと確認してから巻いてください!

店頭ではグリップテープの巻き上げも承りますし、
通販でラケットをお買い上げ、お張替えの際にもご注文の際にご要望をお伝えいただければ対応致します♪
お気軽にお申し付けください!

グリップテープは消耗品なので、適度なタイミングでお巻替えを!
手にマメができたり、滑ったりするなど不具合の原因になります。
ラケットと体を繋ぐ重要な部分ですので、快適なプレーのためにもこまめに取り替えましょう!!

グリップテープ一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/ac-1

【Fukkyの独り言】暖かくなってくるとウェットからドライに!使い分けていただくのもアリ♪

ラフィノの冨貴塚です。

グリップはラケットと身体を繋ぐ大事な部分!
「少し滑るなぁ」と感じたら早めに取り換えておきましょう!!

寒い時期は乾燥しているので、ウェットタイプを使っていた方も、
暖かくなると汗をかきやすくなりますので、手汗が気になる方はドライタイプもに変更していくのもアリです!

ドライタイプで最近よくご注文いただくのが、
【LUXILON】エリートドライグリップ!(写真は3本入り)
ドライタイプの中では握り始めもしっくりくるので、初めてドライを使うという方にもオススメ♪

とかいいつつ、個人的には愛用し続けているのがこちら!
耐久性、耐摩耗性に優れたウェットタイプ最高級のグリップテープBowBrand(ボウブランド) ウェット3本巻き BOW003

基本的にはホワイトを使っているのですが、たまに気分変えにブラウンも♪
ブラウンはレザーグリップのカラーにも見えるのでちょっと渋い感じが好きです( ̄▽ ̄)
ウェットタイプの中で比較的厚めで、吸汗性もあるので私は年中無休でBOWBRANDを愛用!

汗で滑ったり、摩耗してしまっていると滑りやすくなりますので、こまめにお取替えを!
グリップがしっかりしていると余計な力で握らなくていいので実は打球時の負担も楽だったりします♪
さらに!すっぽ抜けて…とかけっこうショックなので…
ちょっと贅沢な使い方かなぁと思うくらいで変えていただいても良いのかなと思います!

使用感は好みが分かれると思いますので、興味のある方はいろいろ試してみるのもアリ!

Fukky愛用のBOWBRAND
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/bow-griptape-062201

ドライグリップ一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/dry

ウェットタイプ一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/wet