【LUXILON】SAVAGEのカラーバリエーションがまさにラケットのカラーにピッタリ♪

ラフィノの冨貴塚です。

先日のお張り替えで…
【Wilson】ULTRA100CV(ブラックバージョン)×SAVAGE127(ブルー)の組み合わせ!

お張り上げ図はこんな感じに♪
全体がブラックでWilsonの部分がブルーとなっているブラックバージョンのULTRAに明るいブルーのSAVAGE127の組み合わせがとても鮮やかできれい♪

SAVAGE127は全部で4色!
ブラックは元々発売されていましたがそこに3色が追加!

…よくよく考えてみると、
・ブルー—ウルトラ
・オレンジ—バーン
・ライム—ブレード
・ブラック—プロスタッフ

各モデルのテーマカラーをイメージしたカラーになっていますね~♪
このカラーコーディネートは間違いなくカッコよく仕上がりますね(^^♪

「デザイン=テクノロジー」という位置付けで開発を行っているという【Wilson】
だからこそ、セッティングするガットのカラーリングにもこだわってみるのも楽しみ方の一つですね♪

【Wilson】ラケット一覧
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/ra-21

【LUXILON】SAVAGE127
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gd10336

【Kimony】×【BREAK BACK】コラボスペシャルパッケージのクエークバスター!再入荷!

ラフィノの冨貴塚です。

先日数量限定の【Kimony】×【BREAK BACK】コラボスペシャルパッケージのクエークバスターが再入荷!
想像していたよりもかなり好評で初回入荷分はかなり早い段階でなくなってしまい、メーカーさんも再生産をかけていたようで、追加分のご用意が♪

元々カラーバリエーションが非常に豊富なクエークバスタ―♪クエークバスター
そこに追加となる限定カラーの販売は毎回非常に好評なのです♪
これでおそらくラストとなるであろう【Kimony】×【BREAK BACK】コラボスペシャルパッケージ!ご検討中のお客様はお早目に!

…個人的にいろいろなラケットを使うので、ラケットメーカーの振動止めではないというところもお気に入りでして(^^♪
ラケットのカラーに合わせても良し!お気に入りの色で強調しても良し♪
お好みに合わせてラケットのコーディネートも楽しんでみましょう!

【Kimony】クエークバスター
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/quake_buster

【Kimony】×【BREAK BACK】コラボスペシャルパッケージ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gd11405

【TecniFibre】MULTIFEEL(マルチフィール)はコストパフォーマンス抜群のナイロンマルチ!カラーバリエーションの多いのも特徴!

ラフィノの冨貴塚です。

リピート率の非常に高い【TecniFibre】のストリングから新商品が発売に!
【TecniFibre】MULTIFEEL(マルチフィール)

ナイロンマルチとしては非常に珍しいカラーバリエーションが豊富だったり♪
ナチュラルカラーに加え、ブルー、ピンク、ブラックと全部で4色展開!
さらにナイロンマルチの中ではコストパフォーマンスもGOOD!
まだサンプルをいただいただけなので、今度実際に使ってみて使用感もご案内させていただこうかと♪

カラーバリエーションが豊富なのはどうしてもポリエステル系が多いので、
ジュニアや女性の方にはちょっとハードルが高いことがいいのですが、
ナイロンマルチでカラーが豊富となれば、ラケットのコーディネートもしやすいですね♪

先日、商品ページも完成しましたので、下記よりご覧くださいませ~(^^♪
↓↓↓
【TecniFibre】MULTIFEEL(マルチフィール)単張り
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gut/gd11592

【TecniFibre】MULTIFEEL(マルチフィール)ロール
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/rgut-26/gd11593

【adidas】マルチコートアウトソールをいろいろなことで試すためにまずは【SUPER feet】をフィッティング!

ラフィノの冨貴塚です。

先日ご紹介致しました【adidas】ウーバーソニック マルチコート!
(いや~この時に撮影はなかなかしんどかった( ̄▽ ̄;))

イベント内ではハードコートでのプレーでしたので、マルチコートアウトソールの使用感を確かめるべく、オムニでのプレーも検討中!
ということで、まずはいつものセッティングにするためにインソールを【SUPER feet】に!
(ちょうど1年ほど使っていたのでいいタイミングでした(笑))
比較するためにもちゃんといつも通りの状態にしないといけませんからね♪
これで準備は万端!
やっぱりシューズを変える時にはインソールも変えると気分も一新♪
…実際にインソールも使っていれば傷んでしまいますので、シューズと合わせて交換するのがお薦め!

ヘリンボーンのアウトソールはしっかりとグリップしてくれる印象ではありますが、ハードコートでけっこうスライドする感覚があったので、それでもオムニでしっかりと止まるのか!?
そんな疑問を持つ方は私だけではないはず!
主観ではありますが、後日オンコートでの使用感をご紹介させていただきますので、お楽しみ~♪
↓↓↓
【adidas】シューズ一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/shm-20

【SUPER feet】は通販でもご案内中~
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gr2081

【adidas】マルチコートアウトソール搭載!ウーバーソニック3マルチコートが発売開始!

ラフィノの冨貴塚です。

先日インプレ収録してまいりました【adidas】新作シューズウーバーソニック3マルチコート!商品の説明につきましては私の大学時代の後輩【adidas】岡崎氏!
今作の最大のテーマは…
「コートサーフェイスによってシューズを履き変えたくないのでは?」
コート別にシューズを使用している方は多いと思いますが、
練習はハードコート、試合はオムニ…など、サーフェスの違うコートでプレーすることになれば、履きなれたシューズでプレーをすることができないなんてことも…
そういう悩み、不安を一気に解消してくれるのが今回のマルチコートアウトソールのコンセプト!
アディダスのシューズは今作より全てマルチコートアウトソール搭載になります!!
一見、何の変哲もないヘリンボーンパターンのように見えますが、
アウトソールに使用されているアディウェア6という新しいゴムの配合により、
ハードコートでも適度なスライドを可能に!
今作のシューズは「ウーバーソニック」ということで、フィット感、動きやすさを重視した軽量スピードモデル!
…毎回、このシューズのイベントに関してはある程度覚悟しているのですが(笑)
予感は的中するものです( ̄▽ ̄;)
増田コーチをはじめ、コーチの方々にコッテリ絞っていただき、シューズの機能性を体感させていただきました(笑)

(あまりにハードに動き過ぎて、けっこう大変なことになっていたのはご愛敬(笑))

最初は「本当に大丈夫なの~…」という気持ちでいっぱいでしたが、
いざ動いてみれば、その動きやすさに驚くばかり!
個人的にいろいろなコートでもマルチコートの性能を確かめていきたいと思います♪

【adidas】テニスシューズ一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/shm-20

【Fukkyの独り言…】巻き慣れていないと意外と分かり辛かったり…

ラフィノの冨貴塚です。

グリップテープはざっくり分けると、「ウェット」「ドライ」の2種類に分かれます。
エリートドライグリップ(ドライ)(写真左)
ボウブランド(ウェット)(写真右)
(よく私が勝手にお薦めしているグリップテープです)

主にウェットタイプを使っている方が多いと思いますが、
今年の夏は異常な暑さということもあり、ドライプリッグに変更される方もけっこう多かったですね!

巻き方について、お客様からご意見をいただいたのでちょっとご紹介!
ウェットタイプであれば、フィルムが付いている方が表になりますね。
両面テープもついているので、そこをグリップエンドに固定してあげれば表裏を間違えることも少ないと思います。

そして、ドライグリップなのですが…
エリートドライグリップに関して、ちょっと(だいぶ)前にもご紹介しておりましたが、改めて…
中身はこんな感じです。

そして、肝心の表と裏ですが…
エリートドライグリップはスタート部に両面テープがあるのでこちらが裏になります。フィルムがある方が裏になります。
表面は、
ちょっとざらついたような感じの方が表になります。

エリートドライグリップは目印となる両面テープを見ていただければわかりやすいのですが…
トーナグリップに関しては巻き始めの部分に両面テープがなく、カットもされていないので、ちょっとわかり辛かったり…(汗)
ドライグリップのポイントは汗をしっかりと吸ってくれる部分なので、表面は少しざらついています。
ちゃんと確認してから巻いてください!

店頭ではグリップテープの巻き上げも承りますし、
通販でラケットをお買い上げ、お張替えの際にもご注文の際にご要望をお伝えいただければ対応致します♪
お気軽にお申し付けください!

グリップテープは消耗品なので、適度なタイミングでお巻替えを!
手にマメができたり、滑ったりするなど不具合の原因になります。
ラケットと体を繋ぐ重要な部分ですので、快適なプレーのためにもこまめに取り替えましょう!!

グリップテープ一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/ac-1

【SRIXON】新REVO CS8.0&10.0インプレ(ボレー&サーブ編)魔法系ハイパワーを改めて実感!

ラフィノの冨貴塚です。

【SRIXON】新REVO CS8.0&10.0インプレ
後編となるボレー&サーブ編公開です!

魔法系ハイパワー系ラケット【SRIXON】REVO CSシリーズ!
ボレーではストロークと比べ、体の近い位置に打たれ苦しい体勢になることが多々…苦しい体勢で打ったときのパワーフォローが魔法系といわれる理由♪
「お!返った♪」という感動を実感できます(^^♪
これはゲームでのディフェンス力に繋がり、結果相手のミスを誘ったりなんてことも!
その魔法系ハイパワーのスゴさは熱いボレーボレー戦で!
浮いてしまって打たれたボールを返球し、時にはしっかりコースを突いてコントロールできるという点にも注目♪

サーブではゆったり振ってもしっかりとボールを飛ばせるだけでなく、
しっかりと振って制御できる点にも注目です!

トータル的にみて8.0よりも10.0の方がアシストが大きいのはお分かりいただけると思います。
10.0では特に縦長のフレーム形状でしっかりとフェイスに乗せて押し出す感覚。打たれたボールをしっかりとキャッチしてコントロールできるのです♪

アシストは欲しいけど、自分からもしっかりと打っていきたい気持ちを表現するには8.0!
思っていた以上にしっかりと打っていける感覚があり、飛び具合や回転量も制御しやすいので、身体への負担を軽減させながら打っていきたいという方にも使っていただきたいですね!

近藤コーチのコメントがまた秀逸♪
…「半端ない」を連呼していましたが…( ̄▽ ̄)

ただ今絶賛予約受付中となります!
オーバーサイズ系のラケットをご検討している方にはお薦めの逸品です♪
【SRIXON】新REVO CSシリーズ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gr2256