日別アーカイブ: 2018年9月6日

【Fukkyの独り言…】巻き慣れていないと意外と分かり辛かったり…

ラフィノの冨貴塚です。

グリップテープはざっくり分けると、「ウェット」「ドライ」の2種類に分かれます。
エリートドライグリップ(ドライ)(写真左)
ボウブランド(ウェット)(写真右)
(よく私が勝手にお薦めしているグリップテープです)

主にウェットタイプを使っている方が多いと思いますが、
今年の夏は異常な暑さということもあり、ドライプリッグに変更される方もけっこう多かったですね!

巻き方について、お客様からご意見をいただいたのでちょっとご紹介!
ウェットタイプであれば、フィルムが付いている方が表になりますね。
両面テープもついているので、そこをグリップエンドに固定してあげれば表裏を間違えることも少ないと思います。

そして、ドライグリップなのですが…
エリートドライグリップに関して、ちょっと(だいぶ)前にもご紹介しておりましたが、改めて…
中身はこんな感じです。

そして、肝心の表と裏ですが…
エリートドライグリップはスタート部に両面テープがあるのでこちらが裏になります。フィルムがある方が裏になります。
表面は、
ちょっとざらついたような感じの方が表になります。

エリートドライグリップは目印となる両面テープを見ていただければわかりやすいのですが…
トーナグリップに関しては巻き始めの部分に両面テープがなく、カットもされていないので、ちょっとわかり辛かったり…(汗)
ドライグリップのポイントは汗をしっかりと吸ってくれる部分なので、表面は少しざらついています。
ちゃんと確認してから巻いてください!

店頭ではグリップテープの巻き上げも承りますし、
通販でラケットをお買い上げ、お張替えの際にもご注文の際にご要望をお伝えいただければ対応致します♪
お気軽にお申し付けください!

グリップテープは消耗品なので、適度なタイミングでお巻替えを!
手にマメができたり、滑ったりするなど不具合の原因になります。
ラケットと体を繋ぐ重要な部分ですので、快適なプレーのためにもこまめに取り替えましょう!!

グリップテープ一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/ac-1

【SRIXON】新REVO CS8.0&10.0インプレ(ボレー&サーブ編)魔法系ハイパワーを改めて実感!

ラフィノの冨貴塚です。

【SRIXON】新REVO CS8.0&10.0インプレ
後編となるボレー&サーブ編公開です!

魔法系ハイパワー系ラケット【SRIXON】REVO CSシリーズ!
ボレーではストロークと比べ、体の近い位置に打たれ苦しい体勢になることが多々…苦しい体勢で打ったときのパワーフォローが魔法系といわれる理由♪
「お!返った♪」という感動を実感できます(^^♪
これはゲームでのディフェンス力に繋がり、結果相手のミスを誘ったりなんてことも!
その魔法系ハイパワーのスゴさは熱いボレーボレー戦で!
浮いてしまって打たれたボールを返球し、時にはしっかりコースを突いてコントロールできるという点にも注目♪

サーブではゆったり振ってもしっかりとボールを飛ばせるだけでなく、
しっかりと振って制御できる点にも注目です!

トータル的にみて8.0よりも10.0の方がアシストが大きいのはお分かりいただけると思います。
10.0では特に縦長のフレーム形状でしっかりとフェイスに乗せて押し出す感覚。打たれたボールをしっかりとキャッチしてコントロールできるのです♪

アシストは欲しいけど、自分からもしっかりと打っていきたい気持ちを表現するには8.0!
思っていた以上にしっかりと打っていける感覚があり、飛び具合や回転量も制御しやすいので、身体への負担を軽減させながら打っていきたいという方にも使っていただきたいですね!

近藤コーチのコメントがまた秀逸♪
…「半端ない」を連呼していましたが…( ̄▽ ̄)

ただ今絶賛予約受付中となります!
オーバーサイズ系のラケットをご検討している方にはお薦めの逸品です♪
【SRIXON】新REVO CSシリーズ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gr2256