【DUNLOP】CX200を純正シンセティックグリップとレザーグリップで比較してみた!

ラフィノの冨貴塚です。

先日、早朝にフェローズ新浦安校にて撮影を行いましたインプレ!

皆様待望の近藤コーチにもご協力いただきました♪(30Pでお馴染みでございますね( ̄▽ ̄))

お題は…
【DUNLOP】CX200を純正シンセティックグリップとレザーグリップで比較!

レザーグリップに変えることでスペックに差が出ることをご存知の方は多いでしょう!こんな感じの差になります!

個体差のないラケットをご用意していただき、レザーグリップに変更したところ、重量は8g増、バランスは5mm手元寄り(トップライト)になりました!

しかし、スイングウェイトに差は出ない…
ということは、振ったときにはそこまで差を感じないはず…
でも、重量とバランスが…etc…
いろいろな想像がグルグルと頭をめぐりますが、実際に打ってみてその使用感をお伝えしていきます!
直らなかって寝癖をいじられまくっておりますが…笑って許してください(笑)
近藤コーチの30Pインプレもぜひご覧くださいませ~♪

CXシリーズの柔らかいフィーリングはそのままに、レザーグリップ特有のカチッとした握り心地はなんか心地いい感じ♪
個人的にもレザーグリップの感触が好きなので、興味のある方はぜひ試していただきたいなと思います(^^♪

ということで!
動画後半でもご紹介しておりますが…CXシリーズをお買い上げいただくと
「【Babolat】ナチュラルグリップを先着24名様にプレゼント!」致します♪

さらに!日本同時購入の場合には…
ナチュラルグリップを2つ!もしくはダンロップ12本入りのラケットのバッグのどちらかをお選びいただけます!
ご購入を検討いただいている方はこの機会にぜひ!
(キャンペーンは3/1からスタートします~)
詳細は商品ページでチェック!
【DUNLOP】CXシリーズ
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gr2276

【DUNLOP】CX200を純正シンセティックグリップとレザーグリップで比較してみた!」への2件のフィードバック

  1. Cx200tour,cx200,ピュアドライブvs,ブリジストンの新作305で飛びがいいモデルはどれですか?
    柔らかいのやスピンをかけやすいモデルは?

    • コメントありがとうございます。
      パワーアシスト(弾いて飛ばす感覚)はピュアドライブVSかなと思います。
      打球感の柔らかさはBX305かCX200TOURですね。
      スピンのかけやすさに関しては打ち方やスイングスピードによって変わってくるので一概にはお伝え出来ませんが、
      フラットに厚く当たるようなイメージであればCX200がいいかと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中