日別アーカイブ: 2019年7月1日

【GOSEN】佐藤さん1年生企画の収録!そして、【Prince】Xシリーズの追加ラインナップが公開!

ラフィノの冨貴塚です。

本日のインプレ収録はこちら!
【GOSEN】佐藤さん一年生企画!
今回のお題は!
「OG-SHEEPシリーズ」ということで、【GOSEN】さんのラインナップの中ではロングセラーのアイテムが多く、ナイロンモノ系としては超王道になります♪
・ミクロスーパー16
・MONOCX16L
・OG-SHEEP SPIN
・レクタングルZ
こちらの4機種を比較していく形になります♪

ラケットは【Prince】TOUR100(290g)というボックスフレームのクセのないモデルでセッティングしていただきました!
…詳細はまた後日ということで…佐藤さんは今回もいろいろな無理難題(笑)にトライしていただきます( ̄▽ ̄)

【GOSEN】ガット一覧はこちらから!
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/c/gut-17

今回の【GOSEN】さんのインプレで使用させていただいている【Prince】さんから新作情報が!
先日、イベントに参加させていただき、インタビューやオンコートにて実際に打ってまいりました♪

…いろいろあるのですが、順番にちょっとずつご紹介します( ̄▽ ̄)
まずは「バックハンドが進化する!?」Xシリーズの追加ラインナップ!!
「X TOUR」という形で発売となります!前作は比較的ラケットにパワーのある印象でしたが、
今回は待望のツアースペック!
…ただフレームを薄くして、重くしただけ…じゃないんですよ!!
こだわりの部分が満載!詳細は開発の相馬氏のインタビューで♪
…ちょっとだけ打ってきたのでその様子もちらっとご紹介(^^♪

インプレ詳細は後日収録した「続・怒りの東久留米編」で( ̄▽ ̄)

【Fukkyの独り言…】気温&湿度上昇!手汗が気になる季節はグリップにもこだわる!

ラフィノの冨貴塚です。

不安定なお天気で雨が降ったり止んだりと湿度も高く、じっとりした空気…。
気温も高いところにこの湿度の高さで汗の量もハンパではありません(;・∀・)
この時期は季節的にも夏に向かっていくので毎年のことではあるのですが、直面すると結構しんどいですよね…。
体調管理には十分気を付けていきたいところ!

もう一つ気を付けていただきたいのが、手汗のお話!
ちょくちょく「汗でグリップが滑るんだよね~」なんとお話を耳にします。
そんな方にお薦めしているのが最近特に好評いただいているドライグリップの【Kimony】ラストドライグリップ!

ちょっと生地感は厚めで柔らかい感触のあるドライグリップ!
特にお薦めなのはその耐久性!
ドライグリップは手汗をしっかりと吸収してくれるのですが、そこから乾いてしまうと表面の剥離が気になるのです…。
しかし、このラストドライグリップは表面剥離が少なく、長持ちしてくれるのです♪…もちろん、ある程度使ったら交換してくださいね(笑)

ということで、個人的にはドライグリップはあまり使わないのですが、
せっかくなのでこの機会にトライしてみました♪

すでに何度か使用してみましたが、未使用時はドライグリップのさらっとした感じでしっかりと汗を吸収!
この辺りはドライグリップらしいといえるかなと思います。
そして、勝手なイメージかもしれませんが、ドライグリップって比較的生地感が薄めのものが多い印象ですが、その中ではこの厚みは握った感じも柔らかく扱いやすいのかも(^^♪
翌日もそのまま乾いてから使ってみたのですが、表面が剥がれてしまうような感じはなく、耐久性面でもおすすめ出来る感じ!

冬場の乾燥する時期にはウェットタイプを使用していても、湿度の高いこの時期にはドライグリップに変更される方もいらっしゃるので!
手汗で滑るよう感じがしてしまう方にはちょっと試してほしいと思いますし、普段ドライグリップを使っている方にも試してほしいお薦めの逸品です♪

今回ご紹介のラストドライグリップはアクセサリーメーカーの【Kimony】
詳細はこちらから!
「ラストドライグリップ」
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gd12071

3本入りもありますよ~♪
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/gd12072

グリップは身体とラケットをつなぐ重要な部分ですので、こだわって選んでほしいなと思います!
…ちょっと無理して使っていると汗でラケットがすっぽ抜けて…という悲しい事故が起こってしまうことも( ̄▽ ̄;)
これからの時期は特に気を付けて、ちょっと贅沢なくらいのイメージで常に新しい状態でプレーができるように心がけましょう!